本文へ移動

品質・環境・労働安全衛生方針

 当社理念を実現するために、下記のとおり品質・環境・労働安全衛生方針を策定し、年度初めにそれぞれの管理項目・目標・施策を明確にして各階層に展開します。
品質方針
  品質においては、顧客満足を第一とし、目的及び状況に対して適切であり、戦略的な方向性として更なる発展、社会への貢献のために支援します。又、年度初めに品質目標設定のための枠組として「目的実施計画」を策定し、各階層に展開します。
      適用される要求事項の充足へのコミットメント、及び、品質マネジメントシステムの継続的改善を推進することをコミットメントし、進むべき方向を明確にいたします。
 
環境方針
  環境においては、定められた適用範囲の中で、目的並びに活動、製品及びサービスの性質、規模及び環境影響を含む当社の状況に対して適切であり、年度初めに環境目標設定のための枠組として「目的実施計画」を策定し、各階層に展開します。汚染の予防、及び当社の状況に関連する持続可能な資源の利用、気候変動緩和、及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護、環境保護を継続的に改善を推進する事をコミットメントします。又、当社の順守義務を満たす事、環境パフォーマンスを向上させるための、環境マネジメントシステムの継続的改善へのコミットメントし、進むべき方向を明確にいたします。
 
労働安全衛生
  労働安全衛生においては、災害防止の取組を経営の重要課題の一つとして位置づけ、労働に関係する負傷及び疾病を防止するために、安全で健康的な労働条件を提供することを、コミットメントします。当社の目的、規模及び状況に対して、又、労働安全衛生リスク及び労働安全衛生機会の固有の性質に対して適切であり、年度初めに労働安全衛生目標設定のための枠組として「目的実施計画」を策定し、各階層に展開します。適用可能な法的及びその他の要求事項を順守することはもとより、リスクアセスメントに基き、危険源を除去し、労働安全衛生リスクを低減し、労働安全衛生マネジメントシステムを継続的改善し、負傷及び疾病の予防に努める事をコミットメントし、併せて働く人及び働く人の代表の協議及び参加へのコミットメントし、進むべき方向を明確にいたします。
 
2018年7月2日
                                                                                                                                                        髙田車体株式会社
統括管理責任者 取締役社長 松山 静夫
 
TOPへ戻る